News&Topics

恋のチューリップ畑~寒い雪にも負けず力強く芽を出しています~

2月に入りまして、寒さが一段と増してまいりました。今年は雪がたくさん降り、橋本でも雪遊びができるほど雪が積もりました。

雪が解けた後にチューリップ畑を覗きに行くと、チューリップは寒さにも負けず力強く芽を出してくれていました。現在、赤色のチューリップが約3センチ芽を出し、他の色よりも一足先に顔を出しました。

大きな田園の中で少しずつですが、力強く育っているチューリップを見ると、「私たちもチューリップに負けずに頑張ろう」という気持ちになります。

芽吹き始めたチューリップたち

ボランティアの方々のご協力のもと、昨年11月に3回に分けて植込んだ50,000個の球根は、早くも2カ月が経ち、確実に成長しているのが分かります。

 

これからもチューリップが咲き誇るまでの途中経過を順次紹介していければと思います。

 

また、前回は同時にムスカリを植えましたが、今回はレンゲソウを植えました。こちらも順調に成長してくれていることと思います。

春にはチューリップとともにきれいなピンク色のレンゲソウが咲いているのを想像すると今から春が待ち遠しくなります。

レンゲソウの花言葉は「あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ」、「心がやわらぐ」とのことで、3月・4月には様々な色のチューリップとレンゲソウが恋野地区を鮮やかに彩り、お越しいただいた皆様の心をやわらげ、癒してくれることと思います。

 

今年も「恋の💛まち橋本」のチューリップ畑をどんどん県外にもPRし、橋本市と言えば「チューリップ」と思っていただけるように、精一杯頑張りますので、応援いただけると幸いです。

雪が積もったチューリップ畑

PAGE TOP