春はもうすぐ!チューリップたちの成長を見守ってください

恋のチューリップ畑

 チューリップの芽のアップ3月に入り、寒さの中にも、少しずつ春の暖かい日差しが感じられるようになってきましたね。
 それでも、まだまだ冷え込みますが、チューリップは、寒さも吹き飛ばすくらいどんどん成長しています。
 今回は、2020年4月に控えたチューリップイベントも兼ねて、恋野チューリップ畑の進捗情報をお届けしたいと思います。チューリップイベントについてはバナーをご確認いただけたらと思います。
 2019年11月にたくさんのボランティアの方々と植えた40,000個の球根は少しずつですが芽を出し始めています。チューリップの開花時期は、地域や品種によって差があるそうで、一般的に言われている開花時期は、【早咲きのチューリップ】で3月下旬~4月中旬。【普通咲きのチューリップ】で4月中旬~5月頃。【遅咲きのチューリップ】は4月下旬~5月が開花時期だそうです。昨年のチューリップは、黄色が3月に開花し、一番早かったですね。
 すくすくと成長するチューリップたち今年は7色(赤・ピンク・赤と黄・オレンジ・黄・黒紫・青紫・白)のチューリップを植えていますので、どの色が一番初めに開花するのか楽しみです。ぜひ、皆さんも予測してみてはいかがですか?
 最後に、チューリップを撮影する時のポイントについてお話ししたいと思います。チューリップの写真を撮るときは、気を付けたいポイントがいくつかあります。
 まずは、横に数多く並んだチューリップを撮影する時は、花だけを撮影するよりも周りの風景(空や山、桜など)を少し入れた方が立体感のある写真に仕上がります。
 次に、チューリップはあまり背が高くありませんので、人物を入れて写真を撮るときは、低くしゃがんで花の近くに顔がくるようにして下さい。なぜなら、立ったまま撮影すると、花と人物の距離が離れすぎて花が小さくなる上に、ピントが人物の顔にしか来なくなってしまうので花があまり強調されません。
 また、チューリップの花を正面から撮影する人は多いと思いますが、開花したチューリップなら真上から撮影して内部の様子を撮影してみても凝った写真に仕上げることが出来ます。今回紹介したポイントを意識して、ぜひ一度、撮影してみてはいかがですか?
 チューリップまつりイベント
  
チューリップイベントに関するお問合せは、
橋本商工会議所
電話:32―0004
 
※新型コロナウイルスの影響により、2020年4月4日(土)・5日(日)のイベントは中止の場合があります。
詳しくは、橋本商工会議所のHPでご確認ください。