通常議員総会を開催

新年度事業計画・収支予算 承認される

通常議員総会2020.3月  2020年3月25日(水)、橋本商工会議所通常議員総会が開催されました。総会では、2020年度の事業計画ならびに収支予算の両案が可決承認されました。
 新年度の事業計画では、日本商工会議所の活動の二本柱である「中小企業の強化を通じて日本の成長する力を育てる」「地域の活性化」を基本として、会員事業所がより多くの利益を上げ潤っていただく支援を行う事を使命とし、会員事業所のニーズを把握して最善の支援は何かを常に考え積極的に各種事業に取り組んでまいります。
 観光振興面では、「橋本の賑わいづくり」をテーマに「はしもと紀の川花夢計画」を今年度も実施いたします。「恋のチューリップ畑」で橋本市をPRし、地域に新しい人の流れを作っていきます。
 さらに橋本商工会館の運営については、より一層多くの方々に利用していただけるよう取り組んでまいります。
 また、商工会議所の創始者であり資本主義の父と言われている「渋沢栄一翁」の「道徳経済合一説」の理念は、商工会議所の活動理念である事を再認識し、商工会議所事業に推進してまいります。
 本年度も、地域においての商工会議所の存在価値、ブランド力を高め、事業者にとっての最も頼れるサポーターとなり、橋本市の地域活性化の総合プロデューサーとなれるよう、また「信頼される商工会議所」「選ばれ続ける経済団体」を目指し役職員一同全力で取り組んでまいります。