紀の川橋本 SUMMER BALL2018 開催される

平成30年8月4日(土)に南馬場緑地広場で開催されました「紀の川橋本SUMMER BALL 2018」は、過去最高の45,000人の方々に来場いただき開催されました。
 
紀の川橋本SUMMERBALL2018花火の様子 当日は晴天に恵まれましたが、熱中症対策としてセレモニーの中止等予定を少し変更して午後4時30分に開会宣言をし、商工会議所の会員事業所や市民団体等の出展ブースの販売、青年部の企画による「浴衣コンテスト」等が一斉に始まり開幕しました。
 また、午後4時55分からは、FMはしもとパーソナリティのジョン・テラ子さん司会による「市民ステージ」が開催されました。
 事前に申込をされた19の市民グループによる、ダンス・歌・漫才などそれぞれ自慢の芸が披露されました。最後は市長・実行委員長よりグランプリが発表されました。今年は総額10万円の賞金ということもあり、市民ステージ・浴衣コンテストともに大変見ごたえのあるイベントとなり大盛況で幕を閉じました。また、ステージはメインの花火大会に向けて徐々に盛り上がり、4,000個のジエット風船が空に舞いカウントダウンが始まりました。そして、午後8時からメインの花火が紀の川の上空に打ち上げられました。
紀の川橋本SUMMERBALL2018ジェット風船 今年はサプライズイベントとして、公開プロポーズも行われ、壇上に上がったお二人は来場者による祝福の拍手のもと大成功を収め、イベントのキャッチコピーであった「(思い出が)消えない花火大会」を実現することが出来ました。
 その後も、子供達にも楽しめるキャラクター花火を挟み、ラストは音楽と共に打ち上がるミュージックスターマインでラストを締めくくり、総数で約6,000発の花火が紀の川の夜空を彩りました。
 尚、今年は特に熱中症が心配されましたが、昨年に比べ休憩場所を増加し、対策を講じたこともあり、救急車の出動もなく無事に花火大会を終える事が出来ました。
紀の川橋本SUMMERBALL2018会場の様子 おかげさまを持ちまして、今回は過去最高の45,000人の方が来場いただくことが出来ました。ご来場いただきました皆様方には本当にありがとうございました。
 また、今回の開催に際しましては、多数の市民の皆様と企業の協賛金のご協力をいただきましたことに厚く御礼申し上げます。

紀州橋本ご当地スタイル 高野山麓

ひねキングカレー

はしもとあられ

経営発達支援事業計画

line line