会頭より新年のご挨拶

年頭所感

寺本会頭 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 旧年中は、橋本商工会議所の活動に、多大なるご理解・ご支援を賜り誠にありがとうございました。さて、地方経済の景気動向は、いまだ芳しくなく回復の兆しが見えない上に、人手不足・事業承継・消費増税など直面する問題が重なる厳しい環境下にあります。
 そのような中、橋本商工会議所としての役割は、先ず当所会員事業所を中心として、橋本市内の地場産業・地域産業の振興に精一杯努力することにあると思いますが、さらに新たに注目されております観光産業に目を向ける必要があると考えます。
 昨年は、橋本市に新しい魅力を創る「はしもと紀の川花夢計画」を掲げ、恋野地区の水田に、たくさんの企業や市民の方に参加していただき20,000本のチューリップの植え付けを致しました。4月には満開のチューリップの花を堪能していただきたいと思います。
 また、橋本市の情報を伝える、「はしもとええとこ発信プロジェクト」として、はしもとグルメマップ「はしナビ」HPを12月に公開致しました。
 これらの新しい事業はまだスタートの位置にありますが、橋本市にたくさんの人が来てくれる魅力ある地域として、花を咲かせることができるようにこれからも積極的に、取り組んで参りたいと思います。
 さらに、「橋本商工会館」も開館30周年を迎え、12月に開催いたしました「はしもとええもん市」にはたくさんのご来館をいただきありがとうございました。これからも会員事業所だけでなく広く地域の皆様方にも商工会館をご利用いただき、橋本の賑わい場所を作っていきたいと思います。
 結びに、今春には「平成」が終わり、新しい時代の幕開けとなります。橋本商工会議所もチャレンジ精神を持って、新しい様々な事業に取り組んで参りますので、会員並びに地域の皆様方の橋本商工会議所へのご支援を心からお願い申し上げて、年頭のご挨拶と致します。