紀の川橋本SUMMER BALL 2015開催しました!!

猛暑の中、盛大に開催、花火6000発!

8月1日(土)に南馬場緑地広場で開催されました。
「紀の川橋本SUMMER BALL 2015」は、33000人の方々に来場いただきありがとうございました。

 この催しは市民まつりとして「橋本をひとつに大いに楽しもう」をスローガンに橋本商工会議所青年部と高野口町商工会の青年部が中心になって企画し準備を進めてきました。
 前日の天気予報では、午後から夕立・雷雨と心配しましたが、当日は真夏の猛暑日の中、予定どおり今年のサマーボールを開催致しました。
 午後3時よりステージでは、紀の国わかやま国体・大会炬火イベントとして、市内小・中学生による炬火の火起こしが行われました。
 炬火の火を今年のオープニング花火に点火し、サマーボールと紀の国わかやま国体・大会がコラボレーションし注目を浴びました。
 高野口町商工会青年部によるサマーガーデンも実施されました。
 市民ステージで、市内16組の方々が参加され、バンド・ソロの歌・ダンス・日本舞踊・アコーディオン演奏と幅広い出演で来場者の方にも楽しんで頂きました。また、MVPにはグループ名「SA-La」小さいお子さんの歌とダンスが受賞。
 特別賞には、澤村春佳さんが受賞。
 午後7時50分頃からは、岡本愛美さん・浦部陽介さんによる、橋本商工会議所青年部YUMENOKI事業のテーマソング・サマーボールソングで、来場者の方々と2000個のジェット風船でカウントダウンし、午後8時からイベントのメインである花火大会がスタートしました。
 オープニング花火は、国体の炬火を使用し点火。
 夜空に圧巻の8号玉が打ち上られました。
 国体マスコット「きいちゃん」のキャラクター花火。
 最後は、ミュージックスターマイン・秦基博の「ひまわりの歌」と花火のコラボで締めくくり。約6000発の花火に会場を訪れた方々は堪能されておりました。
 出展ブースについては、橋本商工会議所会員・高野口町商工会会員・市民サークル・行政関係による88テントで大変賑わいました。
 今年の開催については、会場が国体のソフトボール会場となることで天候に左右される形で心配頂きましたが、最終的に33000人の方にご来場いただきました。
 ご来場いただきました皆様方、本当にありがとうございました。
 実施計画につきましても課題を踏まえて準備を進めてまいりましたが、今後実行委員会等で充分検討して、次年度以降の開催に向けて臨む予定であります。
 今回の開催に際しましては、多数の市民と企業から協賛金のご協力をいただきました。本当にありがとうございました。
詳しくは7月27日に新聞折り込みのチラシにて掲載させていただきましたが、原稿締め切り以降にいただきましたご協賛事業所を紹介させていただきます。
Cafe&Grill にしき