労働保険の年度更新手続きはお早めに

 労働保険(労災保険と雇用保険)の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの間(保険料算出期間)の1年間を単位として計算されることになっております。
 つまり、労働保険では、まず保険年度の当初に保険料を概算額で納付しておき、保険年度の終了後「賃金総額」が確定したところで清算するという方法をとっています。この新年度の概算保険料の申告・納付と前年度の保険料を清算するための確定保険料の申告・納付と併せて行うのが「年度更新」の手続きです。
 労働者を一人でも雇っている事業所は、業種を問わず労働保険への加入が義務付けられています。
 しかしながら、年度更新の手続きをはじめ労務管理上の諸々の手続きは、多忙な事業主にとって、誠にわずらわしいものです。そこでこれらすべての事務手続きを事業主に代わって処理するシステムとして労働保険事務組合を商工会議所に設けています。※事務組合に対するお問い合わせは橋本商工会議所事務局(TEL:32-0004)まで。