南海電鉄へ要望

橋本~難波間の時間短縮を

意見交換の様子 当所では、畑野富雄会頭ほか役員が、昨年12月14日に南海電鉄株式会社亘信二社長及び口野繁常務取締役・鉄道営業本部長と面談し、南海高野線の「橋本~難波間の時間短縮」について要望いたしました。当日手渡した要望書の概要は以下の通りです。
  『橋本市は大阪からは「はるか遠い山間僻地」のイメージが、南海高野線のスピードアップと「林間田園都市駅」の新設、宅地開発の進展とともに大きく変貌し、和歌山県でも有数の近代的な街の景観と良好な自然環境の調和した都市として定着してまいりましたが、京阪神の中心地から同程度の距離の近郊地域に比べると、依然として「橋本は遠い!」という印象は強く、当地方活性化のための事業展開やPR活動に今一歩のイメージアップのための「時間短縮と利便性の向上」が望まれています。「都会に一番近い田舎」として橋本地域の新しい飛躍のため、更なるご尽力を頂くよう要望します。』
 要望に対し、亘社長は「沿線の元気が一番大切です。一緒に頑張りましょう。」また、口野本部長は「ハード面では厳しいが、すこしでも前進するようにしたい」と述べて、会頭らと意見交換しました。