平成22年4月から 雇用保険制度が変わりました

■短時間就労者・派遣労働者の方の雇用保険適用範囲の拡大

(旧)6ヶ月以上の雇用見込みがあり、一週間の所定労働時間が20時間以上
(新)31日以上の雇用見込みがあり、一週間の所定労働時間が20時間以上であること
 雇用保険料率は、平成22年4月1日より下記のとおり変更されました。

■雇用保険に未加入とされた方の遡及適用期間改善

事業主から雇用保険被保険者資格取得届が提出されていなかった為に、雇用保険に未加入とされていた方は、これまで被保険者であったことが確認された日から2年前まで雇用保険の遡及適用が可能でした。施行日以後は、事業主から雇用保険料を天引きされていた事が給与明細等の書類により確認された方については、2年を超えて雇用保険の遡及適用が可能となります。

■年度更新時期

平成21年より、6月1日~7月10日の間に変更となりました。但し、申告・納付時期は変更となりますが、労働保険料等の算定方法には変更なく、前年4月1日から当年3月31日までに支払う賃金総額に、保険料率を乗じた額が保険料額となります。

雇用保険料率(平成22年4月1日改正)

●一般事業
保険率:1000分の15.5
事業主負担率:1000分の9.5
被保険者負担率:1000分の6
●建設事業
保険率:1000分の18.5
事業主負担率:1000分の11.5
被保険者負担率:1000分の7

商工会議所では、労働保険の事務手続きを事業主に代わって処理する労働保険事務組合を設けておりますので、橋本商工会議所事務局(℡0736-32-0004 担当(長坂)までお問合せください。