「ヘラブナ釣り日本一」を目指し全国地区予選会始まる!!

~第9回全国ヘラブナ釣り選手権大会~

ヘラロゴ

紀州へら鮒竿の里「全国へら鮒釣り選手権大会」実行委員会(実行委員長 神谷和生)では、来る6月6日(日)に全国ヘラブナ釣り選手権大会決勝大会を隠谷池(清水)にて開催します。全国から勝ち抜いた決勝進出者により「ヘラブナ釣り日本一決定戦」を開催します。

いまや橋本市の恒例イベントとなりつつあります「全国ヘラブナ釣り選手権大会」は、今年で9回目を数えます。ヘラワンGP.01実行委員会では、手作りのヘラブナ竹竿生産の90%を占める日本一の産地である橋本市を、ヘラブナ釣りを通じて全国に発信しようと活動しています。本大会を開催するにあたり、市民皆様はじめ関係機関のご協力により、回を重ねる毎に参加者から好評を得て、本年もたくさんの各予選会への参加者申込があり、各予選会場ごとに「紀州へら竿の里 橋本市」のPRをしています。
その予選会のトップを切って来る4月17日に東日本予選会(埼玉県羽生市)が開催され、同25日に西日本予選会(橋本市)、5月9日に中部予選会(岐阜県海津市)、同16日には和歌山県予選会と隔週刻みに全国3地区にて予選会が開催され、決勝大会への進出者が決定されます。ヘラワンGP.02その予選会通過者と昨年の上位3名のシード選手、それに加え国際枠として韓国・台湾・中国(予定)より数名が参加される予定で、総勢111名(予定)で「ヘラブナ釣り日本一」が当市清水の「隠れ谷池」にて決定されます。この決勝大会では、各地区の予選を勝ち抜いた選手たちの見事な技が見られます。
それから、本大会の大切な目的の一つでもあります「橋本竹夢計画」につきましても、今年も引き続き活動を進めていますので、是非とも本年も皆様方の暖かいご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。