はしもとご当地メニュー開発!

「ひねメニュー」商品化に参加しませんか?

ひねキングのぼり当所では、昨年より橋本の新しい名物・新しいブランドを開発してゆくプロジェクトを計画しており、最初の取り組みとして「ひね」をキーとなる食材と考えました。県の卵生産の50%を担う一大産地であり、ひね鳥も多く存在します。
昔から農家では、大切なお客様を迎えたとき、卵を産まくなった鶏を使って、鍋物などで、もてなしていました。それは、家人にとっても、年に何度もないようなご馳走でした。そして、今では「ひね」は、料理用食材としては、卵の産地だけで消費され、一部の専門店を除いて、都市部のマーケットで見かけることは少なくなっています。
「地域グルメで街おこし」をテーマに、飲食店・食品事業者の方々で、メニュー商品化に参加頂ける事業者を募集しています。
メニュー開発し参加登録頂くと、「ひねキング」のキャラクターや各種ツールを使用頂けます。
ひねキング後姿
     
商工会議所のHP・この店ドットコムや商工はしもとでの広告等で店舗を紹介し、できる限りのバックアップを致します。
ぜひご参加お待ちしています。