谷口博昭氏のふるさと講演会 約300名の大盛況となる

ふるさと講演会の様子 去る8月11日に橋本商工会館にて、伊都建設業協会(会長木村和生)と橋本商工会議所(会頭畑野富雄)の主催による元国土交通事務次官の谷口博昭氏(現一般財団法人国土技術研究センター理事長)を招き、「持続的な発展へ、進化を」をテーマとして、橋本伊都地方の活性化と最近の建設事業の動向についての「ふるさと講演会」が開催されました。
 当日は、建設業関係者はじめ行政機関、議員関係者、商工業者、一般の方含め約300名近くの聴講者の参加頂き、大盛況の講演会となりました。
 谷口氏は、和歌山市出身で東京大学卒業後、建設省に入省、同省の各要職を歴任し、平成21年7月に国土交通事務次官となられ、その豊富な経験をもとに、現在の政府の考え方、又建設事業の今後の在り方についてご講演頂きました。