ケーキ・テルが(財)食品流通構造改善促進機構会長賞受賞に輝く

第23回優良経営食料品小売店等全国コンクールにて

コンクール表彰式風景 当所会員で洋菓子製造小売りを営むケーキ・テル(隅田町上兵庫280-1 代表者 小林照明)がこの度(財)食品流通構造改善促進機構が実施する第23回優良経営食料品小売店等全国コンクールにて同機構会長賞を受賞いたしました。同コンクールは独自の経営努力によって小売店としての特性を発揮し、諸々の面で優れた経営技術を確立して地域社会の消費者の支持を得ている食料小売店等を表彰するもので、和歌山県内店舗の受賞は5件めです。
 ケーキテルは、橋本商工会議所と橋本・伊都地域の商工会で取り組む、地域ブランドの「高野七口 高野スイーツ」に平成21年7月のスタート時より特産の柿を活かした「柿のフィナンシェ」と高野のイメージに併せた「純朴ごまクッキー」で参画、平成22年1月の高島屋大阪店の初売り企画にも「冬の高野クグロフ」で参加し好評を得る等、積極的に「高野七口 高野スイーツ」ブランドの周知と普及に取り組んでいます。
ケーキテル 地域の特産と材料にこだわり、五條市の農園と連携した商品「柿ショコラ」の開発では毎日放送の「ちちんぷいぷい」で紹介される等、農商工連携にも率先しておられます。
 今回の受賞は常に最新の情報を得て新しい試みに挑戦するとともに、ものづくりを優先した小規模・高付加価値経営が認められたものです。