はしもとアウトレットこんなんでました市を開催!

~1,500名で賑わう~

2011年こんなんでました市の様子 3月6日(日)、橋本商工会議所主催の「はしもとアウトレット・こんなんでました市」が、1,500名が来場して開催されました。
 初開催の昨年3月に続く二度目の開催で、催しの目玉の「アウトレット市」には商工会議所の会員19事業所が出店しました。
 橋本商工会館8階に設けられた事業者ブースには、「仕入れすぎた商品」、「新古品」、「訳あり商品」などが所狭しと並べられ、この日限りのお買い得価格で販売されました。
 会場は午前10時のオープン直後から多数のお客様でにぎわい、衣料や雑貨、日用品、食品、家具などお目当ての品を求める姿がみられました。
 また屋外のテント会場では、「ひねメニュー」の販売が行われ、昨年秋のまっせ・はしもとのコンテストでグランプリに輝いた「ももの炭火焼」を販売する業者など4店舗が、それぞれ工夫をこらしたひね料理を提供、800食以上をご賞味いただきました。
 ひねメニューの事業キャラクター「ひねキング」も、軽快なダンスでひねメニューのPRを行ったほか、「はしもとドネーションズ・あなたも虎になれ!」の募金活動にもひと役買いました。
 これらのほか、飲食業を営む会員による喫茶コーナー(5・6・8階)、橋本市とその周辺を拠点とする工芸作家の作品を集めた展示販売と製作体験コーナー(5階)、お買い上げ金額に応じて参加できる抽選会など、さまざまな催しでお楽しみいただきました。
 商工会議所では、平成23年度にもこのアウトレット市を計画しているほかに、橋本商工会館を会場とする他のイベントの開催も計画しています。