はしもとのいいとこ紹介

~橋本ぶらり旅Ⅱ⑧~

「紀の川・はしもとの夕日3景2018」(橋本高野橋・橋本橋・国城山) 
 橋本の名所・観光スポットなど、ちょっといいとこを順次紹介しています。有名スポットだけでなく、「橋本にはこんな素敵な場所がある!」をテーマに紹介しています。
 橋本の花や旧跡、川など、色々ご紹介してきましたが、12月は昨年に続き、紀の川と夕日をテーマに3箇所ご紹介します。夕日は、西の空がオレンジ色に染まり始めてから、山に隠れてしまうまでがとても早く、師走の忙しい時間帯ではありますが、ちょっと足を止めて空を見上げてみてください。一瞬、日常の喧騒を忘れ、心が温かくなる気がします。
 まずは国城山の山頂からの夕日から。標高522mの頂上にある国城神社は五社明神といわれ、坂上田村磨呂にちなむ伝説もあります。県外からの参詣者も多く、頂上から玉川峡を経て高野山に出るルートもあるハイキングコースです。頂上の駐車場下には三平稲荷神社もありますので、両方お参りしてみてください。国城神社の境内には、展望台があり、紀の川が流れる橋本の街に沈む夕日が見れます。
 国城山頂からの夕日
 
 続いて、橋本高野橋を渡る途中のちょうど真ん中から。九度山方面に沈む夕日が、紀の川の川面に映り、川がきらきらオレンジ色に輝きます。普段何気なく車で渡っているようですが、歩いて橋を渡る事をお勧めします。川には川鴨達も迎えてくれますので、お勧めです。
 橋本高野橋からの夕日
 
 最後は、橋本橋の下の新しくできたサイクリングロードから。向副緑地の東側からサイクリングロードができ、南馬場緑地広場を通って、学文路小学校前まで、紀の川沿いに快適にサイクリングを楽しめるようになりました。川のすぐ横を走ることができ、ここから見る新しい夕日はまた格別です。歩くもよし、自転車で走るもよし、一度立ち止まって西の空を見上げてください。オレンジに染まる紀の川の流れに癒されると思います。
 橋本橋の下のサイクリングロードからの夕日
 
過去の記事については、橋本商工会議所ホームページ右下のバナーからご覧いただけます。