高野スイーツ「天空ロールケーキ」限定発売

「2009.7.3天空 定期運行開始」(南海電気鉄道)を記念して高野山駅で発売

「天空ロールケーキ」は、2009年3月に開催された ありがとうの高野スイーツコンテスト(主催:伊都・橋本産業創造センター(橋本商工会議所、高野口町、かつらぎ町、九度山町、高野町各商工会、で構成))においてホテル日航関西空港 料飲部長 森川等が審査委員長を務めたことがきっかけで誕生しました。広く一般公募されたそのコンテストのレシピの中で高野山地域の産品を使用して最優秀賞に選ばれた作品が「干し柿のフィナンシェ」です。また、同コンテストの実行委員会のメンバーとして参画された南海電気鉄道の協力もあり、高野スイーツのブランド化を応援するため提案し実現されました。
「天空」の車体をイメージした抹茶のロールケーキは、ホテル日航関西空港のレシピにてホテル内で手作りいたしますが、「干し柿のフィナンシェ」は、コンテストで受賞されたレシピ(大阪府堺市 大島京子氏)をホテルで再現、列車のクーラー(室外機)としてロールケーキの上に配置することで、ひとつのスイーツとして販売いたします。
今後、伊都・橋本産業創造センターでは、コンテストで公募された全作品を対象に地元地域の企業や商店での販売を推進される予定ですが、今回、伊都・橋本産業創造センター、南海電気鉄道株式会社、ホテル日航関西空港の3団体の協力により「天空」定期運行開始に併せ高野山地域の活性化のため高野スイーツの先駆けとして個数限定で販売いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。