中小企業緊急雇用安定助成金のご案内

雇用維持に努力される事業主の皆様へ

世界的な金融危機や景気の変動などの経済上の理由による企業収益の悪化から、生産量が減少し、事業活動の縮小を余儀なくされた中小企業事業主が、その雇用する労働者を一時的に休業・教育訓練又は出向をさせた場合に、休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金の一部が助成されます。
*休業の場合をご案内します。(他、出向・教育訓練も支給対象あり)

支給要件

①売上高又は生産量等の事業活動を示す指標の最近3ヶ月の月平均値がその直前3ヶ月又は前年同期と比較して減少していること
②前期決算等の経常利益が赤字であること 
(但し、①において生産量が5%以上減少している場合は除かれます)

支給対象となる休業とは・・・

①事業主が自ら指定した対象期間内(1年間)に行われるものであること。
②所定労働日の全一日にわたるもの又は、対象被保険者毎に1時間以上行われる休業
*対象被保険者とは、雇用保険の被保険者又は雇用期間6ヶ月以上で1週間の所定労働時間が20時間以上の方
その他解雇予告されているもの、日雇労働者等は除かれます
③休業に係る手当の支払いが労働基準法第26条の規定に違反していないこと
④労使間の協定による休業であること 

支給額は

休業手当又は賃金に相当する額として厚生労働大臣の定める方法により算定した額の5分の4。
*但し、一人一日あたり雇用保険基本手当日額の最高額が限度です。
最高1日-7,730円。

支給限度日数

3年間で300日(最初の一年間は対象被保険者×200日分)です
休業日数に応じて、助成されます。

申請は

休業を実施する場合は、「休業実施計画届」「雇用調整実施事業所の事業活動及び雇用の状況に関する申し出書」を事前に届け出る事が必要です。

窓口・問い合わせ先

和歌山労働局 雇用均等室  ℡073-488-1170 
ハローワーク橋本       ℡0736-33-8609