和歌山県知事へ橋本市の観光資源の開発支援等を要望

知事に要望する寺本会頭 去る2019年10月24日、県下7商工会議所の正副会頭が和歌山県庁を訪れ、和歌山県商工会議所連合会の令和2年度の要望を行いました。
 当所からは寺本会頭をはじめ、越山副会頭、西岡副会頭、松谷専務理事が出席しました。
 令和2年度の要望は、和歌山県商工会議所連合会共通重点要望事項と、各地商工会議所単独要望事項からとなり、橋本商工会議所からは、寺本会頭が、『橋本市の観光資源の開発支援』を中心に5項目の要望を致しました。
当所の要望事項は次のとおりです。
 
【橋本商工会議所要望事項】
①観光資源の開発
②紀の川の堤防周辺を活かした整備
③人口減少対策支援
④関西空港と奈良を結ぶ「リニア新支線」構想への支援
⑤地域建設業者への受注機会の確保について